読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30歳素人童貞彼女募集しております

30歳の素人童貞の自分が彼女をつくる。このままだと一生孤独だよ。それは嫌。

投資は必要って他人には言えても自分でやれてないなと。

後任が入社してこないので上司に引継ぎ中な現在。そんな上司2人での車の中でのふとした会話。

 

そういえばうちの会社ってなんでホームページないんですか?

社内の人間が作製できてタダで作れるなら作るけど、ホームページ作製なんかに金を払いたくないんだって社長。

え、ケチすぎないですか?

投資って考え方無いからねー、今の社長になってから歩合も下がったし。

なんだか残念ですねー。

 

この会話をしながら投資しないとやっぱ会社って停滞もしくは縮小するんだなーと、現状の会社の状況と照らし合わせてそんなことを思いました。今でこそホームページあって当たり前なのであるから何って話ですが、初期のころなんてホームページって自社を外に手軽にアピールできる一番簡単な手段だったはずなのにそれをしてないってことはその段階でのチャンスをつぶしてるんだよなーって。そして現状でもホームページのない弊社は採用面接を受けた人からホームページもない会社は怖いって言われてしまいましたとさ。

 

ただ経営したことないですが、一人暮らしの家計を見ている身としては社長の考え方わかるんですよ。極力手元にお金を残したいじゃないですか。そして投資なんて戻ってくるかもわからないことに対してお金をかけるよりも、極力お金を使わないことによるお金が残る可能性どっちが確実かと言われたら後者な気がするんですよ。なので、使わないことに関する安心感は理解できるんですよ。たぶん高齢者がお金をあまり使わないのもこの心理が働いているんじゃないのかなと。

ただ、まわりの環境が悪くなってくると確実にじり貧になっていくんですよね。どんなに節約しても入ってくる元が減っていくのでそれに伴ってどんどん手元にお金が残らなくなっていくっていう。

そうならないような可能性を残していくための方法が投資なんだろうなと。投資って言っても株とか不動産とかそんなんじゃなくて、多少お金をかけてでも新しいことをやっていくってことが可能性を残すという意味での投資なんじゃないのかなと。

そして自分の日常生活でそんなことができてるかって考えるとできてないんですよね。

それでこれが日常でできてる人達は今後強いだろなーって。どう強いかはわからないですけど。

今日も具体性がないですねー。

 

そうそう彼女さんを募集しております。

少しでもご興味がある方は下の連絡先にお気軽にご連絡ください。

 sleepylikeacat@yahoo.co.jp