読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30歳素人童貞彼女募集しております

30歳の素人童貞の自分が彼女をつくる。このままだと一生孤独だよ。それは嫌。

退職したいって宣言されたらさっさと仕事を取り上げてよ。

退職するって話を上司にしてから本当にやる気の欠片もない私です。

残される側の事もーとか、退職するからって他人事じゃないのかとか言われますが正直もうただただ他人事です。もうどーでもいいです。よっぽど会社に愛のある人で辞める会社が大好きなんだけど辞めなければならないって人じゃない限りは、退職したいって話をした時点で会社の業務は他人事なんじゃないだろうかと。

 

そんな中で今日も今日とて新しい見積もり依頼がきました。その上で、他社との相見積もりだから頑張ってもらわないとだとかを言われるわけです。そしてそれが取れようがとれまいが決まった時には私はもういないわけです。なんだろうどーでもいいなと。

責任感がないってそれはその通りなんですがね。もう退職するってことはあと少ししたら会社とは無関係の人間になるわけで、そこに対する責任感を持てる人は素晴らしいですよ素直に。全く持てません。だから女性にもモテないんですかね。

まあ、社会人失格ですね。

 

仕事を頑張る理由は人それぞれだと思うんですよ。充実感、達成感、単純に楽しい、成長を実感できる。などなど、ただお金のために働いていて、頑張ったら成果が出て給料が上がる、もしくは会社での罰の対象にならなくなるという部分で頑張っているんじゃないのかなと。そう考えると退職を申し出た時点でその人の中のその会社で頑張るモチベーションなんて無くなるのが自然じゃなのかと。なので、退職をここまで伸ばしてほしいなんて交渉をしたところでもう辞めることを決めているので、退職までの期間を延ばした所で本当にただいるだけですよ。そして退職を決めた人間にやる気を出させることは無理でしょう。だっていなくなるんですから。そう考えたら、退職宣言をキチンとされたらその時点からその人間の仕事をいかに早く取り上げるかを考えて、実行に移すことが重要なんじゃないのかと。いくら引き延ばしたところでそこにいるのは会社の社員かもしれないですが、戦力ではないですよ。路上の糞とほとんど同じ存在かと。

そんなんなんで退職宣言受けたら最短で退職してもらうのが最善じゃないのかなと。

 

あー、もう出勤したくないですねー。

 

そうそう彼女さんを募集しております。

少しでもご興味がある方は下の連絡先にお気軽にご連絡ください。

 sleepylikeacat@yahoo.co.jp