読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30歳素人童貞彼女募集しております

30歳の素人童貞の自分が彼女をつくる。このままだと一生孤独だよ。それは嫌。

地元の図書館でさえIT化が進んでいた話。

休日にふと、今住んでいる地域に住み始めて10年地元の図書館にいったことないなと。

暇だしいってみよ。そんな気軽な感じで地元の図書館を検索。

残念ながら一番大きな図書館は現在改装工事中だそうで、じゃあってことで一番近い小さな図書館に行ってきました。

 

図書館につくいて外観をみて、さびれてんぁと。中に入って階段をのぼりながらふとした違和感があったんですよ。あ、これ手すりが小学生用だ。手すりの高さが私の腰くらいの位置につけられていたのでなんだか小学校ってこんな感じだったなと懐かしさを覚えました。

階段をのぼり、図書館の入口にたつとそこから見えた光景はもう小学校の図書館そのものでした。カウンターも低いですし、棚もいい感じに古ぼけていてあの日のズッコケ三人組を捜し歩いていた瞬間がついこの間のような感覚。小学校のころ図書館よくいってたな。まー単に友達が少なかったからなんですけどね。

 

小学生気分で図書館の中を見ていくと、そこにいるのは当然小学生ではなく私よりはるか昔に小学生だった人たちがのんびりと本を探したり閲覧したりと時間を過ごしていました。自分も現実はもうおっさんなわけで、月日は確実に流れていってしまっているなと。

そして私も本を探そうとしていたら、古い館内には似つかわしくない紀伊国屋などにあるような検索機が。検索できるらしいです。そして検索、本を見つけてカウンターに。

まずは会員証つくらないと。またカードかさばるなと。そう思いながら、カウンターの女性に会員証作りたい旨をつたえ、必要事項を記入し提出したら予想外の答えが返ってきました。「普通のカードにしますか、スイカなどの交通機関のICカードにしますか」と。もうICカードで管理できるようです、さらにインターネットから貸し出しの延長もできますと。

ITの対極にある図書館さえもIT化がすすんでいるなと、今日手書きの伝票を書きながらふと思い出しましたとさ。

 

そうそう彼女さんを募集しております。

少しでもご興味がある方は下の連絡先にお気軽にご連絡ください。

 sleepylikeacat@yahoo.co.jp