読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30歳素人童貞彼女募集しております

30歳の素人童貞の自分が彼女をつくる。このままだと一生孤独だよ。それは嫌。

売れな劇団の脚本を書いている人は電子書籍にでもして販売すればいいのに。

雑記

先日学生時代の友人で現在役者をしている人と会いました。

劇団員のチケットノルマの話やチケット代バックの話など役者のお金の話を聞きました。お金の話以外も公演が入ると2か月位は稽古で忙しくてバイトもまともにできないくらいだとかで。2時間人が動いて一つの物をリアルタイムで創り上げていくわけなんでそれ位の稽古時間は必要だよねと。

そう考えると2か月入念に準備をしたものが4000円ほどで観ることができるなんてお得感ありますね。4000円てのは本当に無名の劇団さんの公演がこれくらいのチケット代だそうです。演じる側の事情を考えると割安に感じますが、単純に観に行く方とすると知らない人たちが知らない脚本で演じているものに4000円払うわけで、音楽のライブであれば知らなくてもなんとなくで乗ることができるのでいいんですが、演劇って何となくで楽しいって少ないと思うんです。そして、面白くないと逃げ場がないので厳しですね。出てる人も知らない人だらでならなおさら。

演劇となると有名な劇団であれば脚本面白いんだろうなとの安心感があるので行きやすいし、有名な俳優なり女優さんなりが出るのであればその人を生で見れるってだけで行く価値あるんですけどね。

 

そんな風に演劇のことについて考えたんですけど、脚本って公演の度に書いてるんですよね。それで公演が終わったらまた舞台でやるまで封印されてしまう。そうなると次の舞台まではその物語をしる人が増えないことになるんですよね。それで運よくまたその脚本で舞台をやるってなったとしても、全開公演を見た人でないとやっぱりほとんど知らない物語って話になるので、安心感がなくて観に行きづらくてそんなに新規のお客さんが増えないってことになるのかなと。

そうなってくると、脚本を知ってもらった方がお客さん増えるんじゃないのと思うわけです。脚本のそれ自体はセリフメインの物で細かい描写があまりないものですが、そこを書き足してせめて電子書籍程度出してみたら、何もしないよりは観に来るお客さん増えるんじゃないですかね。そのあとに1公演分のまるまる録画して動画サイトにあげておく。そうしたら多少はファンが増えるんじゃないのかなと。

お笑いだと同じネタを見るの嫌う人もいますが、演劇ってお笑いよりも落語よりの娯楽だと思うんですよ。先がわかっているけど演者がどうアレンジしてくるのか、演じる人によってどう印象が変わるのかを楽しんでいける性質のものなのでそうなってくると、脚本書いたら公演でやってバイバイではなくて、その脚本自体を読み物として手を加えてあげて製品にしてあげて少しでも人の目に留まるようにしてあげるのどうでしょうか。

そんなくだらないことを考えて終わった日曜。

 

そうそう彼女さんを募集しております。

少しでもご興味がある方は下の連絡先にお気軽にご連絡ください。

 sleepylikeacat@yahoo.co.jp

送別会のことを考えると話すことを考えるだけで憂鬱。

出来事

今月人が辞めるんです。

そんなんなんで今月は送別会があります。送別会の会費は会社からすべて出るので問題ないのですが、問題は行ったところで話すこと別にないよねってこと。もう1年半くらい職場にいるんですけどね。コミュ障ってやつなんでしょうね。現在事務所に6人いるのですが、会社に出勤して退勤までに挨拶以外の言葉のやり取りをするのは自分の上司1人だけです。そもそもほとんど外出してますし、社内にいるときは事務作業してるので特に話してる余裕もないっていう。

 

そんな送別会は来週の金曜です。あー、憂鬱だなと。

それともう一つ憂鬱+嬉しいことがありまして。他の職場で内定が出ました。今よりも勤務時間長くなるのですが、年収ベースで60万程度上がるようです。しかも、業界も仕事も現在と全く違います。それでなんで年収が上がるかって。現在の年収が目が飛び出るくらいに低いから。給料やすいなー、安いなーとは思っていましたが、源泉徴収を見たときに現実を見ました。あれ、アルバイトかなと。下手したらその辺のフリーターの方が稼いでいるなって。

そんな状況なので、並の新卒程度の給与でも年収で60万程度は上がってしまうっていう悲しいこと。

内定が出たのがうれしいことで、今の職場に退職を伝えるのが憂鬱なこと。

なんせ5人になるのに、もう一人辞めるっていうんですから、心重いです。でもね、恥ずかしいことに私はバリバリの赤字社員なんですよ。引継ぎの時点で赤字で、その後伸ばせていないので赤字のまま。そして、私が辞めることになれば今月やめる人間と合わせて人件費が50~60万月で浮くわけです。そうなれば、年間で600万余分に会社にお金が余るわけです。今まで出なかったボーナスが残る人達には支払われるでしょう。

たぶんもう人も入れないでしょうし。

 

5月頭にはおいでと言われているので来週辺りには退職伝えないとなーと。退職時期に関しては色々言われるでしょうが、1月半前に伝える計算になるので許してね。と。

もっと早くに言ってほしいのであれば就業規則に書いておいておくれと。といっても就業規則自体ない会社ですが。

 

そんな憂鬱が重なる3月。

 

そうそう彼女さんを募集しております。

少しでもご興味がある方は下の連絡先にお気軽にご連絡ください。

 sleepylikeacat@yahoo.co.jp

ゴゴモンズをもう聴くのをやめようと卒業しようと決めた日。

雑記

今日も今日とて仕事の移動中の車にてラジオを聴いていました。

聴いているのはやっぱりnack5でゴゴモンズ聴いていました。

 

アシスタントの吉田奈央さんは3日連続お休みで代打で上野優花さんって人が代役でした。

仕事中なのでずっと聞けていたわけではないのですが、なんだろう、投稿が下ネタ多すぎ。たまたま聴いていた部分で下ネタの投稿が多かっただけなのかもしれないですが、聴いている時間のほとんどが下寄りの話でした。下ネタがダメってわけではないですが、ずっと下ネタは飽きますし。そして今週はたまたま3日連続で聴いていたら、同じ投稿者の昔風俗で働いていたって投稿が毎日読まれています。正直知らない人が昔風俗で体験した話を毎日聴かされるのはちょっと苦痛でした。

下ネタが好きな女性がパーソナリティーで楽しくその投稿に乗って話をするならまだ楽しいんですけど、上野優花さんはそういう人ではないわけで。そういう女性自体稀な気もするのですが、そこは素人童貞なんでわかりません。そうなると、公開でただセクハラしてるのを聴いている感じでなんだかなーって。スーモの動画で炎上した不動産会社の女性のような方だったらもしか楽しく下ネタを返してくれる可能性があるので、聴いているほうからしたら一方的なセクハラから楽しい会話に変化するんですけど。実際言われている本人はどう思っているかはわからないですが、あくまで聴いている方としてはって。

 

私が面白いなって感じて聴き始めたのが小林アナの時からで、その時は下ネタ+くずねた+ちょっといい話のような構成だったので飽きずに聴いていられたのですが、今は下ネタの構成比率が上がり過ぎている上、2人いるのにその話題に乗り気で話すのが1人だけでほとんどキャバクラで新人がついた席の録音を聴いているみたいです。それにその頃よく読まれていた投稿者の方が減っている印象でかわりに下ネタしか投稿しない人の投稿が読まれる回数が増えた気がします、どうなんでしょ。

今の番組の構成で放送し続けたいんだったら、深夜の方でそれこそAV女優の方や風俗嬢の方を鬼丸さんの相方にして投稿の下ネタに対してあけすけに語り合う番組にした方が聴いてて楽しいと思いますし。それに深夜にすることによって、投稿は確実に面白くなると思うんですよ。昔でいうはがき職人のような人が活動活発なのがその時間帯で、その人たちが必死で考えてネタをかいてきたらそりゃ今より面白いでしょ。なんせ考えている濃度が違うはずなので。

その放送はちょっと聴きたいです。スポンサーは角海老さんとかに頼んで。

 

そんな感じで今日で卒業します。

明日からはインターFM聴いてちゃらちゃらと外国にかぶれようと思います。

おしゃれにいくよ。ふー。

 

そうそう彼女さんを募集しております。

少しでもご興味がある方は下の連絡先にお気軽にご連絡ください。

 sleepylikeacat@yahoo.co.jp